ブログ

  1. スリランカ日本人会の概要とその特色

    スリランカ日本人会では入会条件を細かく明記しており、その概要は次の通りです。まず、個人と法人がありますが前者は、日本国籍を持つ満20歳以上の者で3カ月以上スリランカに在住していることが求められています。

  2. 新興国の動向と日本市場参入を計画するスリランカ企業

    日本市場参入を計画するところに共通して言える内容は、成長の見込みが著しく存在するということがあり得ます。スリランカ企業の動向は貴重な資源を得るメリットがあるため、企業の規模を見据えながら積極的に投資を実行することが大事です。

  3. スリランカのプライベートバンクと人気の口座開設

    海外で仕事がしたい人や現地で人の役に立つビジネスを行う場合は、プライベートバンクと呼ばれる口座開設を検討すると便利です。お金を消費する際にドルに変換しながら考えるより、現地の通貨を直接用いる方が理想的となるため、スリランカであれば早めに準備を行うことが大切です。

  4. スリランカでの銀行口座開設と預けるポイント

    世界にあるどこかの金融機関で銀行口座開設をするならば、利息がどれくらい存在するかという部分を確認する姿勢が大事です。スリランカでは「ルピー」という通貨を用いており、国外へ出すことが禁じられているため、その国の内部の情勢を見極めながらタイミングよく預金することが重要なのです。

  5. スリランカの法人設立と結果で見えてくるメリットとデメリット

    行動を起こした後にはメリットとデメリットの双方を冷静に分析していきますが、法人設立に関しては現地の雇用とインフラを再確認する必要があります。発展する可能性があるスリランカでは、紅茶の栽培が世界有数の結果となっており、積極的な取引を持ち掛ける企業も続々と増えています。

  6. スリランカのカジノで遊ぶオススメ情報

    カジノと言えばラスベガスやマカオが有名ですが、スリランカにもカジノがあります。しかも、ラスベガスで有名なベラッジオやMGM、バリーズなどが進出しているので、安心して遊ぶことが出来ます。それでも不安だという人は、日本語ガイド付きのカジノツアーがオススメです。

  7. スリランカでの不動産購入に際しての注意点

    近年、さまざまな理由により海外不動産に興味を持たれる方も多いかと思います。しかし、海外で不動産購入をする場合にはいくつか注意点があります。まず、為替の変動に気を配る必要があります。為替が大きく変動した場合、購入した際よりも価値が下がるリスクがあります。

  8. スリランカで移住する際の条件

    移住する上での条件長期滞在の条件でもご紹介した通り、スリランカでは基本的に入国から180日間までの滞在しか認められていません。しかし!!!55歳以上の方でしたら以下の方法で長期滞在可能です。1.指定銀行に預金15.000ドルを預金入管に申請書類を提出。

  9. スリランカの教育制度

    アジアの中でもトップの識字率スリランカの教育は2000年以上の長い歴史を持ち、今日ではその憲法においても教育の基本的な権利が保障されています。

  10. 長期滞在の条件

    長期滞在の条件30日以上の滞在をする場合、コロンボ市内のスリランカ入国管理局で通常プラス60日間(入国から90日間)の滞在延長手続きをすることができます。その際はパスポート、写真、滞在費用の証明(おおむね月額400米ドル)、帰国証明書(または第三国への航空券)などが必要になります。

ページ上部へ戻る